妊婦健診 Prenatal Checkup

>妊婦健診

妊婦健診について About Prenatal Checkup

当院では日本産科婦人科学会専門医を取得している医師が妊婦健診を担当し,周産期専門医臨床遺伝専門医などの資格を生かして,平日は毎日妊婦健診を行っています.分からないことは何でも相談してください.

分娩までの健診スケジュール(正常経過の場合)

妊娠9~10週 分娩予定日決定
親子手帳交付
妊娠11~12週 妊娠初期検査 血液検査,子宮頸がん検診
腟分泌物培養
クラミジア抗原
妊娠26週頃 妊娠中期検査 血液検査
妊娠36週頃 妊娠後期検査 血液検査
GBS
分娩

合併症をお持ちの妊婦さんは、それぞれの疾患の専門医と協力して管理します

特に最近急増している糖尿病を合併している妊婦さんのスクリーニングや管理に力を入れています.
また妊娠高血圧症候群の発症予知や早期診断,治療にも取り組んでいます.
流早産の原因となる可能性のある子宮筋腫は,たとえ妊娠中でも可能であれば積極的に手術しています.
手術後の流早産は非常に少なく好成績です.

里帰り分娩・教室について About Returning Delivery & Classroom

里帰り分娩

里帰り分娩をお考えの方は,妊娠20週頃に一度かかりつけ医の紹介状を持参して受診をお願いします.同日分娩予約を行います.分娩制限はありませんので全ての方が予約可能です.その後は妊娠34週頃から当院で健診します.

両親学級・母親学級

妊娠20週頃(前期)と妊娠36週頃(後期)に母親学級を開催しています.前期では妊娠中の食事,運動,薬の飲み方など一般的な生活指導を行い,後期には入院のタイミング,分娩時の呼吸法などについてお話します.また後期には毎月第3土曜日に両親学級もありますので,お父さんもぜひご参加ください.

周産期オープンシステム

周産期オープンシステムとは,岡山大学病院周産母子センターのベッドの一部をオープンベッドとし,妊婦健診は現在の病院・医院で,分娩は大学病院で行うことができるシステムです.特にリスクのある妊婦さんには,設備・スタッフのそろった大学病院でより安全なお産をしていただくことができます.
登録された妊婦さんはいつでも大学での診療,母親学級への参加ができ,分娩時にはかかりつけの先生に立ち会ってもらうこともできます.詳しくは,病院ホームページをご覧下さい.

専門外来 Specialty Outpatient Clinic

胎児超音波スクリーニング

妊娠20~21週および27~28週に胎児の超音波スクリーニングを行っています.毎週月曜・木曜(午前中)の予約制で,費用は3500円(自費)です.

胎児超音波スクリーニングでお子さんに先天性疾患が疑われる場合には,各疾患の専門医からお子さんの病気と治療の概要を説明させて頂きます.大学病院では各専門分野のエキスパートによるお子さんへの集学的医療が可能です

疾患名 専門科
先天性心疾患小児循環器科,心臓血管外科
脳室拡大,脊髄髄膜瘤脳神経外科
口唇口蓋裂矯正歯科,口腔外科,形成外科
横隔膜ヘルニア,臍帯ヘルニア,消化管閉鎖小児外科
骨格異常小児内分泌代謝科

など

NIPT(無侵襲的出生前遺伝学的検査)

当院では希望する妊婦さんに対し,NIPTを提供しています.NIPTは,母体血中の胎児由来DNAを利用した検査であり,検査を希望されるご夫婦には検査前後に遺伝カウンセリングを受けていただきます.検査は予約制で,妊娠10週から16週までの受検となります.当院で妊婦健診をしていない妊婦さんも検査可能であるため,予約の希望が多い場合は先着順となり,ご希望に添えない日時となる可能性もあります.当院で妊婦健診をしている妊婦さんは,なるべくご希望に添えられるよう個別にご対応いたします.
ご希望の方は,病院ホームページをご覧ください.

羊水染色体検査

NIPTで陽性であった場合やご希望のある場合などには,ご夫婦に検査の限界やリスクも説明させて頂いた上で,羊水染色体検査を行っています.日帰り入院となり,費用は約12万円です.